2016年5月25日 (水)

竹山広「とこしへの川」

Cimg8856 2014年12月30日付けの記事(←リンクしてある)で、届いた事を報せた「定本 竹山広全歌集」(写真は函の表)より、第1歌集「とこしへの川」を読みおえる。

 「とこしへの川」は、1981年、雁書館・刊。495首。

 竹山広(1920年~2010年)は、1941年「心の花」入会、他の歌誌を巡って1959年「心の花」に戻った。

 「あとがき」に1955年から1980年の作品を収めたとあるから、彼は少なくとも被爆10年を経てから長崎・被爆体験を詠い出し、36年を経てからその被爆詠を含む歌集を出版した。

 体験を作品化し、本にするまで、そのような年数が要ったのだ。

 以下に7首を引く。

血だるまとなりて縋りつく看護婦を曳きずり走る暗き廊下を

訪ねきてしきりにねむたがる妻よひとときの幸はや終るべし

み車に小旗ささげ振る学童らつひに頭(かうべ)を垂るることなし

死にそびれたるゆゑ長く生くべしと言はれつつ病み耐へし十八年

焼けのこりたる肉塊にガソリンをかけをりしかの校庭ここは

落葉摑みゐし幼な手もひらきやりぬ裸の胸に組ましめむとて

急須の茶濃くなるを待つしばしだに心遊べと照る木瓜の紅

2016年5月24日 (火)

村上春樹「雑文集」

Cimg8839 先の5月13日の記事(←リンクしてある)、「届いた2冊」で紹介した内、村上春樹「雑文集」(2011年、新潮社・刊)を読みおえる。

 小文69編を収めるけれど、69編の短編小説(掌編みたいなものを含め)を読むようなもので(435ページ)、かなりな苦労(忍耐と努力)をした。

 定価は1400円+税だけど、僕はAmazonマーケットプレイスで1円(+送料257円)で買ったので、258円の値打ち(内容と保存状態)は、ある本だった。

 エルサレム賞受賞挨拶「壁と卵」を読めただけでも、値打ちだ。

 しかし昨年7月28日~9月8日に、ここで8回に分けて紹介した「村上さんのところ コンプリート版」に由って、彼の人格への尊敬は失われたので、彼の立派な文章も、そのまま受け取る事ができない。

 現にそのあと出版された、自伝風らしい「職業としての小説家」を買っていない。

 小説の新刊が出るなら、買うだろう。現在の日本の作家で、海外でも読まれるのはほぼ、村上春樹1人なのは淋しい。「競ってこそ花」という言葉もある。

2016年5月23日 (月)

全歌集と囲碁年鑑

Photo 先日、京都の「三月書房」(新刊書店、俳歌詩・本を多く扱う)にネットで注文して、「岡部文夫全歌集」(短歌新聞社・刊)を買った。

 定価・9000円+税の所、再販本なので5000円(税・送料・込み)だった。

 19歌集+合同歌集より抜いて+初句索引、等を収める。

 岡部文夫(1908年・生)は、石川県生まれだけれども、1956年より福井県に転任し、この地で1990年に没した。

 僕が「コスモス短歌会」に入会したのが1993年であり、名前と郷土が結ばれなかった。

 再販本であり、いつ在庫がなくなるか判らないので、機会を見つけて注文した。

 プロレタリア系自由律歌人として出発したようだが、定型に復した。

Photo_2

 Amazonより、「2016 囲碁年鑑」を今年も注文した。

 昨年分が、昨年5月21日の記事(←リンクしてある)にアップしており、50年分だとしているので、今年は51年分めである。

 僕は現在、碁を打たず、棋譜も並べない。

 日本棋院のホームページで、タイトル戦の行方などを追っている。

 年鑑が51年分となれば、何かの力を発揮するかも知れない。

2016年5月22日 (日)

「シルクロード博物館」

Cimg8847 講談社「世界の博物館」全・23巻より、第19巻「シルクロード博物館」(1989年4刷)を、ザッと見おえる。

 前の第18巻「シリア国立博物館」は、今年3月5日の記事(←リンクしてある)で紹介した

 「カブール博物館」、「パキスタン国立博物館」、「ペルシャワール博物館」、、「タキシラ博物館」、「ラホール博物館」、等の収蔵品を紹介している。

 列強国の探検隊が持ち帰ったのか、財宝(完全なもの、美しいもの)が少ないように思える。

 それに僕は、NHK取材班・編「写真集シルクロード」全6冊を見おえ、2010年11月10日~12月13日に、6回に分けて紹介している事でもある。

 それらがこの本の、写真、文章を、細かく辿らなかった理由である。

2016年5月21日 (土)

歌誌2冊

Photo

Cimg8844 

 Amazonに予約注文してあった、総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年6月号の、発送通知が5月13日にあり、14日か15日に届いた。

 すぐに7月号の予約を入れて置いた。

 6月号について、読みおえたなら、ここで紹介する予定。

 5月19日(木曜日)に、結社歌誌「コスモス」2016年6月号が届いた。「本年度前期の歌集批評特集」として、12冊が見開き2ページずつで紹介されている。

 僕の歌は、10首出詠の内、3首選だった。内容は、アメーバブログ「新サスケと短歌と詩」の、5月21日付け記事(←リンクしてある)にアップしたので、横書きながら、ご覧ください。

 歌誌の内容についても、少しずつここで、紹介して行く予定である。

2016年5月20日 (金)

「梅崎春生全集」第2巻(1)

Cimg8842 沖積舎「梅崎春生全集」第2巻(1984年・刊)より、1回めの紹介をする。

 初期の戦記物を集めた第1巻の紹介は、先の5月4日の記事(←リンクしてある)、同・第1巻(6)で過ぎた。

 この第2巻は、戦前の習作と、戦後の初期の風俗ものを集めたようである。

 今回、僕が読んだ、「地図」、「風宴」、「微生」、「不動」の4編(発表年代順)は、いずれも梅崎春生が「桜島」で戦後文壇にデビューする以前、1943年までに同人誌等に発表された、今となっては習作と見做される作品である。

 「地図」、「風宴」に見られる死のテーマ、「微生」に見られる戦時下の鬱屈、「不動」の怠惰など、後に繋がる心情があるようだ。

 また風景・情景の描写の上手さ、わずらわしい心理の描写、なども後に繋がるものだろう。

ブログランキング

  • 応援のクリックを、お願いします。
  • ブログ村も、よろしくお願いします。

最近のトラックバック

ブログパーツ

  • ツイートをフォローしてください。
  • 3カウンター
  • アクセス解析

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 04/2007

日本ブログ村

  • 日本ブログ村のリストです。

人気ブログランキング

  • 応援の投票を、お願いします。

アンケート